1:2015/06/11(木) 21:18:59.94 ID:
△6月10日 15時36分配信

加害男性が手記出版=遺族、中止・回収要請―神戸連続児童殺傷

 神戸市須磨区で1997年に起きた連続児童殺傷事件の加害男性(32)が「元少年A」の筆名で
手記を書き、「絶歌」の書名で10日に発売された。
 同書は太田出版(東京都新宿区)が発行し、約300ページ。加害男性は同書で事件前後の心境や
社会復帰後の状況などを記し、最後に「被害者のご家族の皆様へ」として謝罪の言葉を述べている。
 太田出版の岡聡社長によると、今年3月上旬、加害男性が「原稿を見てください」と同社を訪れ、
原稿を渡した。以後、社内で出版の是非について検討してきたという。岡社長は「少年犯罪について
本人の心境を当事者が語るケースは皆無に近い。全体を読んで事件について考えるきっかけになれば」と話した。
 出版を受け、殺害された土師淳君=当時(11)=の父守さん(59)は「私たちの思いを踏みにじるもの。
文字だけの謝罪であり、遺族に対して悪いことをしたという気持ちが無い」とし、出版中止と本の回収を求める
コメントを弁護士を通じて出した。
 当時14歳だった男性は97年2月から5月にかけ、小学生計5人を相次いで襲撃。小4女児と小6の
土師君を殺害し、3人に重軽傷を負わせた。事件は刑事罰対象年齢を16歳から14歳に引き下げる
少年法改正のきっかけとなった。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150610-00000085-jij-soci

[遺族のコメント全文]

 加害男性が手記を出すということは、本日の報道で知りました。

 彼に大事な子どもの命を奪われた遺族としては、以前から、彼がメディアに出すようなことはしてほしくないと
伝えていましたが、私たちの思いは完全に無視されてしまいました。なぜ、このようにさらに私たちを
苦しめることをしようとするのか、全く理解できません。

 先月、送られてきた彼からの手紙を読んで、彼なりに分析した結果をつづってもらえたことで、
私たちとしては、これ以上はもういいのではないかと考えていました。

 しかし、今回の手記出版は、そのような私たちの思いを踏みにじるものでした。結局、文字だけの
謝罪であり、遺族に対して悪いことをしたという気持ちがないことが、今回の件でよく理解できました。

 もし、少しでも遺族に対して悪いことをしたという気持ちがあるのなら、今すぐに、出版を中止し、
本を回収してほしいと思っています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150610-00000008-kobenext-soci

※前スレ
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434005302/
1 2015/06/10(水) 16:12:37.80
2:2015/06/11(木) 21:19:47.07 ID:
クズ
買うやつも同罪
3:2015/06/11(木) 21:19:54.40 ID:
さあゲームの始まりです
国民が制裁を加えるべき
7:2015/06/11(木) 21:22:20.26 ID:
酒鬼薔薇聖斗の「絶歌」
目次


(第一部)
名前をなくした日
夜泣き
生きるよすが

それぞれの意識
ちぎれた錨
原罪
断絶
GOD LESS NIGHT(ゴッドレスナイト)
蒼白き時代
父の涙
精神狩猟者(マインドハンター)
咆哮(ほうこう)
審判
9:2015/06/11(木) 21:22:55.88 ID:
コイツを日本で一般的な市民という枠で生かすことは出来ないと思う
10:2015/06/11(木) 21:23:04.08 ID:
何故居場所がバレないんだろう
記者は知ってるんだろ?
12:2015/06/11(木) 21:23:47.11 ID:
本屋で立ち読みしたけど結構ウソ書いてあるな
あと編集の添削も入ってる
それでも幼稚な中二病丸出しは隠せない
14:2015/06/11(木) 21:24:23.51 ID:
30代でこれはヤバイ
19:2015/06/11(木) 21:25:24.46 ID:
>>7
本をよく読んでる印象を受けるなあ
20:2015/06/11(木) 21:25:38.42 ID:
魂の救済とか必要ないでしょ
なに人並みの生活送りたがってんの?
居場所ないなら消えればいいよ
22:2015/06/11(木) 21:25:42.57 ID:
この殺人鬼に手を貸す出版社も同罪
法に触れなければ何をしても良いという思想こそシナチョンそのものだ
義理や礼を重んじる日本人ならこの出版に異を唱えるのが普通の感覚
子供を殺された遺族の心情を思うなら、この殺人鬼を世に出してはいけない
24:2015/06/11(木) 21:25:53.92 ID:
現住所を周知する方がこいつの更生になるのでは?(´・ω・`)

25:2015/06/11(木) 21:26:01.70 ID:
少年A 神戸連続児童殺傷事件加害者の手記「絶歌」のあとがきに怒りに震えた

あとがき 全文掲載 必見!!

被害者の家族の皆様へ

 まず、皆様に無断でこのような本を出版することになったことを、深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ありません。どのようなご批判も、甘んじて受ける覚悟です。
 何を書いても言い訳になってしましますが、僕がどうしてもこの本を書かざるを得なくなった理由について、正直にお話させていただきたく思います。
二〇〇四年三月十日。少年院を仮退院してからこれまでの十一年間、僕は、必死になって、地べたを這いずり、のたうちまわりながら、自らが犯した罪を背負って生きられる自分の居場所を、探し求め続けてきました。人並みに社会の矛盾にもぶつかり、理不尽な目にも遭い、悔しい思いもし、そのたびに打ちひしがれ、落ち込み、何もかもが嫌になってしまったこともありました。ぎりぎりのところで、いつも周囲の人に助けられながら、やっとの思いで、曲がりなりにもなんとか社会生活を送り続けることができました。しかし、申し訳ありません。僕には、罪を背負いながら、毎日人と顔を合わせ、関わりを持ち、それでもちゃんと自分を見失うことがなく、心のバランスを保ち、社会の中で人並みに生活していくことができませんでした。周りの人たちと同じようにやっていく力が、僕にはありませんでした。「力がありませんでした」で済まされる問題でないことは、重々承知しております。それでも、もうこの本を書く以外に、この社会の中で、罪を背負って生きられる居場所を、僕はとうとう見つけることができませんでした。許されないと思います。理由になどなっていないと思います。本当に申し訳ありません。
 僕にはもう、失うものなど何もないのだと思っていました。それだけを自分の強みのように捉え、傲慢にも、自分はひとりで生きているものだと思い込んだ時期もありました。でもそれは、大きな間違いでした。こんな自分にも、失いたくない大切な人が大勢いました。その人が泣けば自分も悲しくなり、その人が笑えば自分も嬉しくなる。そんなかけがえのない、失いたくない、大切な人たちの存在が、今の自分を作り、生かしてくれているのだということに気付かされました。
 僕にとっての大切な、かけがえのない人たちと同じように、僕が命を奪ってしまった淳君や彩花さんも、皆様にとってのかけがえのない、取替えのきかない、大切な、本当に大切な存在であったということを、自分が、どれだけ大切なかけがえのない存在を、皆様から奪ってしまったのかを、思い知るようになりました。自分は、決して許されないことをしたのだ。取り返しのつかないことをしたのだ。それを理屈ではなく、重く、どこまでも明確な、容赦のない事実として、痛みを伴って感じるようになりました。
 僕はこれまで様々な仕事に就き、なりふりかまわず必死に働いてきました。職場で一緒に仕事をした人たちも、皆なりふりかまわず、必死に働いていました。
 病気の奥さんの治療費を稼ぐために、自分の体調を崩してまで、毎日夜遅くまで残業していた人。
 仕事がなかなか覚えられず、毎日怒鳴り散らされながら、必死にメモをとり、休み時間を削って覚える努力をしていた人。
 積み上げた資材が崩れ落ち、その傍で作業をしていた仲間を庇って、代わりに大怪我を負った人。
 懸命な彼らの姿は、僕にとても輝いて見えました。誰もが皆、必死に生きていました。ひとりひとり、苦しみや悲しみがあり、人間としての営みや幸せがあり、守るべきものがあり、傷だらけになりながら、泥まみれになりながら、汗を流し、二度と繰り返されることのない今この瞬間の生の重みを噛みしめて、精一杯に生きていました。彼らは、自分自身の生の重みを受け止め、大事にするのと同じように、他人である僕の生の重みまでも、受け止め、大事にしてくれました。
 事件当時の僕は、自分や他人が生きていることも、死んでいくことも、「生きる」、「死ぬ」という、匂いも感触もない言葉として、記号として、どこかバーチャルなものとして認識していたように思います。しかし、人間が「生きる」ということは、決して無味無臭の「言葉」や「記号」などでなく、見ることも、嗅ぐことも、触ることもできる、温かく、柔らかく、優しく、尊く、気高く、美しく、絶対に傷つけてはならない、かけがえのない、この上なく愛おしいものなのだと、実社会の生活で経験したさまざまな痛みをとおして、肌に直接触れるように感じ取るようになりました。人と関わり、触れ合う中で、「生きている」というのは、もうそれだけで、他の何ものにも替えがたい奇跡であると実感するようになりました。
 自分は生きている。
 その事実にただただ感謝する時、自分がかつて、淳君や彩花さんから「生きる」を奪ってしまったという事実に、打ちのめされます。自分自身が「生きたい」と願うようになって初めて、僕は人が「生きる」ことの素晴らしさ、命の重みを、皮膚感覚で理解し始めました。そうして、淳君や彩花さんがどれほど「生きたい」と願っていたか、どれほど悔しい思いをされたのかを、深く考えるようになりました。
 二人の命を奪っておきながら、「生きたい」などと口にすること自体、言語道断だと思います。頭ではそれを理解していても、自分には生きる資格がないと自覚すればするほど、自分が死に値する人間であると実感すればするほど、どうしようもなく、もうどうしようもなく、自分でも嫌になるくらい、「生きたい」、「生きさせて欲しい」と願ってしまうのです。みっともなく、厭ったらしく、「生」を渇望してしまうのです。どんなに惨めな状況にあっても、とにかく、ただ生きて、呼吸していたいと願う自分がいるのです。僕は今頃になって、「生きる」ことを愛してしまいました。どうして事件を起こす前にこういった感覚を持つことができなかったのか、それが自分自身、情けなくて、歯痒くて、悔しくて悔しくてたまりません。淳君や彩花さん、ご家族の皆様に、とても合わせる顔がありません。本当に申し訳ございません。
 生きることは尊い。
 生命は無条件に尊い。
 そんな大切なことに、多くの人が普通に感じられていることに、なぜ自分は、もっと早くに気付けなかったのか。それに気付けていれば、あのような事件を起こさずに済んだはずです。取り返しのつかない、最悪の事態を引き起こしてしまうまで、どうして自分は、気付けなかったのか。事件を起こすずっと前から、自分が見ない振りをしてきたことの中に、それに気付くことのできるチャンスはたくさんあったのではないだろうか。自分にそれを気付かせようとした人も大勢いたのではないだろうか。そのことを、考え続けました。
 今さら何を言っても、何を考えても、どんなに後悔しても、反省しても、遅すぎると思います。僕は本当に取り返しのつかない、決して許されないことをしてしまいました。その上このような本を書くなど、皆様からしてみれば、怒り心頭であると思います。
 この十一年間、沈黙が僕の言葉であり、虚像が僕の実体でした。僕はひたすら声を押しころし生きてきました。それはすべてが自業自得であり、それに対して「辛い」、「苦しい」と口にすることは、僕には許されないと思います。でもぼくはそれに耐えられなくなってしまいました。自分の言葉で、自分の想いを語りたい。自分の生の軌跡を形にして遺したい。朝から晩まで、何をしている時でも、もうそれしか考えられなくなりました。そうしないことには、精神が崩壊しそうでした。自分の過去と対峙し、切り結び、それを書くことが、僕に残された唯一の自己救済であり、たったひとつの「生きる道」でした。僕にはこの本を書く以外に、もう自分の生を掴み取る手段がありませんでした。
 本を書けば、皆様をさらに傷つけ苦しめることになってしまう。それをわかっていながら、どうしても、どうしても書かずにいられませんでした。あまりにも身勝手過ぎると思います。本当に申し訳ありません。せめて、この本の中に「なぜ」にお答えできている部分が、たとえほんの一行であってくれればと願ってやみません。土師淳君、山下彩花さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
本当に申し訳ありませんでした。

元少年A
一九八二年 神戸市生まれ
一九九七年 神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇聖斗事件)を起こし医療少年院に収容される
二〇〇四年 社会復帰

34:2015/06/11(木) 21:34:21.68 ID:
どうせビートたけしが思いつきでけしかけたんだろ。
お笑い芸能の太田プロの子会社出版なんてどうせ屑しかいねーんだろ。
35:2015/06/11(木) 21:28:08.64 ID:
>>7
こんなものを出して来られると事件はまだ終わってないと思うわ
46:2015/06/11(木) 21:29:31.46 ID:
>>19
ラノベのたぐい?
47:2015/06/11(木) 21:29:32.10 ID:
子供殺した奴が手記を書いて印税生活

こんな事が許されていいのか?
50:2015/06/11(木) 21:30:22.01 ID:
いろんな奴がいるから世の中おもしろいのにな
ジャップは多様性を認めないよな
こんなん子供が犯した失敗でしょ、いい加減許したれよ
60:2015/06/11(木) 21:31:15.84 ID:
>>7
自分に酔ってるなw
62:2015/06/11(木) 21:31:29.30 ID:
>>50
ここチョンモーじゃないぞ?
63:2015/06/11(木) 21:31:37.17 ID:
奴の最終目標は「神」だからな
64:2015/06/11(木) 21:31:37.66 ID:
著者近影はよ
68:2015/06/11(木) 21:32:26.88 ID:
>>1
サカキバラを追い詰めて再び凶行に走られるより、口に糊させる方がマシなんじゃね?
69:2015/06/11(木) 21:32:32.24 ID:
>>50
は?
シネよ
71:2015/06/11(木) 21:32:39.72 ID:
>>24
右の奴は全然関係ない別人だぞ

この下劣な本に書いてあることにウソがあるならますます遺族を冒涜することになる
そもそもこんな本出す時点で下劣過ぎるけどさらにその内容にウソがあるなら本当に最悪だ
これは真実を公表する必要があるな
73:2015/06/11(木) 21:33:11.27 ID:
>>24
これ誰なの?
訴えられるぞ
76:2015/06/11(木) 21:34:14.97 ID:
殺人鬼サカキバラセイトに天誅が下りますように
78:2015/06/11(木) 21:34:41.71 ID:
>>24
全然似てないけど
確かな根拠もなく貼ってるとしたら相当頭悪いぞお前
81:2015/06/11(木) 21:34:48.98 ID:
>>7
これ何てラノベ?
85:2015/06/11(木) 21:35:44.23 ID:
国から護られて、作家様でお金持ち
もう、神様気分だろうよ
2ちゃんの愚民どもめwwwってほくそ笑んでるわ
87:2015/06/11(木) 21:36:33.28 ID:
遺族が民事で訴訟しろ
表に引きずり出せ
93:2015/06/11(木) 21:37:13.73 ID:
これ遺族側が訴えたら本人の名前出るだろ
94:2015/06/11(木) 21:37:19.47 ID:
>>50
こういう奴を許すって事は
自分が被害者になってもOKって事だよね。
まさか自分だけは絶対に殺されないとでも
思ってんのかしら
110:2015/06/11(木) 21:40:16.60 ID:
>>7
椎名林檎のニューアルバムみたいやな
115:2015/06/11(木) 21:41:00.42 ID:
>>7

>>7

>>7

今や30代も半ばに突入したオッサンの書く文章なのかそれがw
すまんだめだもう激しく草不可避w

これがアレなのか、噂にきく「中二病」ってやつなのかwww

ハラいたいwww